2016年10月05日

俺たちのリトルバスターズ

 世界70億人のリトルバスターズファンのみなさん


 お久しぶりです。せいばーです。

 きっとみなさんは、このブログを再び開くまで・・・そう、今この瞬間も、リトルバスターズを使って楽しく笑顔でヴァイスシュヴァルツをしていることと思います。
 リトルバスターズは、平和の象徴なのです。


 そんな皆様に、本日は 2015年後期にてせいばーが使用した リトルバスターズのデッキをここに残していこうと思います。


 






 未だ追加が来ず、満身創痍なリトルバスターズ



やむちゃ1




 

 もはや立ち上がることすら許されない、そんな状況でございます。






  最近のヴァイスシュヴァルツは、より一層高い次元に突入した感覚があり



”アイドル”という力によりTCGの世界を斡旋している デレマス



 TPの面々



山札から5枚をめくる異例の集中から、絶対センター譲らないマン、そしてクロワッサンまで、幅広いパワーカードを手に入れたタイトルです。



中でもこのタイトルの象徴といえば、相手が死ぬまで笑顔で殴る 通称Pos凛



君が泣くまで連パン


被害者多数でございます。




 そして全てを貫く真宵ショットを手に入れた 化物語


デッキのエンジンとなっている 〈白くて白々しい 羽川翼〉 が

・ソウル2以上の面を複数
・早出しをしなければ越えられない面形成
・大量の純ストック形成により、強靭な山札の形成

をこれ複数面でしてしまうカード。

処理しようにも、早出しでもなんでもないので、普通に面を超えるかL2相討ちを採用するかのどっちかになるが、早出しで対処しようとすると美夏で対処される可能性があるため、非常に隙がない。



羽川


 その真骨頂はストック形成にあるので、好き勝手させると


まよい


 こんな感じで 真宵を何体も出されてゲームエンド。

 
 更には艦隊これくしょんやアクセルワールドなど、特徴を持ったタイトルが続々とリリースされ、皆さま大いにヴァイスシュヴァルツを楽しんでいらっしゃることと思われます・・・



次元が違う



 

 今回は、それよりも前の環境・・・ちょうど1年前の時の環境時に使用していた、リトルバスターズ!の記事でございます。


 
 なぜ1年前の環境なのかというと・・・





リトバス 解散


 

 リトルバスターズは・・・今日で解散だ・・・





---------------------


コールドゲーム


L0
4: リトルバスターズ 理樹  
3: どきどきどーなつ 小毬  
2: デイト・ラヴァーズ 佳奈多  
2: 大切なもの 葉留佳    
3: 妹思いのお姉さん 佳奈多    


L1
4: 巫女神楽 佳奈多  
4: 出店めぐり 葉留佳    
3: クドのルームメイト 佳奈多  
2: 水着の佳奈多
3: 忙しいかなた  


L2
1: 風紀委員長さん 佳奈多    
2: さらば諭吉ぃっ!!
2: 外の世界へ 小毬  


L3
3: 再会の言葉 佐々美  
3: 幸せキャッチボール 小毬  
1: 夢の続き 唯湖  


CX
4: 忘れな草  
4: 扉


---------------------



>>前回と違う点


 相変わらずのリトルバスターズ4C! デッキ
 


 しかし、明らかに前回と違うところが 3点ほど ありますね。

 
 今回は 2015年度の環境と この変化点を見比べて デッキの紹介をしていこうと思います。



デッキ変化点① 「鈴 脱退」



 前回の記事で紹介した大目玉商品 〈夕焼け色の想い 鈴〉


夕焼け色の想い 鈴




 このカードを採用した理由として、〈初風〉の存在が大きくありました。


 が、時はめぐり2015年後半


 世の中には 島風系のテキストが大量に蔓延り

 〈初風〉は、もはやいらない子に・・・


 それと同時に、環境は いかに島風系テキストを押し付けていくか という環境へと変化していきました。
 それが2015年。


 ということは

 初風を意識して入れたこのカードも いらない子 というわけですね。


 
 
ダウンロード







 その代わりに、リトルバスターズの強みを押し付けていくため

 「佳奈多3種の神器」 と世間で名高い
 〈巫女神楽 佳奈多〉 〈クドのルームメイト 佳奈多〉 〈水着の佳奈多〉 を多めに投入し、

 今でも強い 〈巫女神楽 佳奈多〉 を中心にラインを作り、1/0の助太刀である 〈水着の佳奈多〉で弾いていくことを強めに出しています。



彼方セット

 

 〈水着の佳奈多〉 は恥ずかしがり屋なので、ちょっと画質が悪いです。

 

 〈巫女神楽 佳奈多〉 はテキストが非常に強く、7000というラインが山札を削りながらノンコストで出すことが可能です。7500~8000のラインが複数面展開できることが、非常に強いです。

 
 
 注目してもらいたいのは この時の環境が島風環境であり 同時に、当時のトップデッキでもあった 【レッドブル】 と呼ばれる青赤ガールフレンドの存在です。



 レッドブルの強みといえば、なんといっても 神楽坂。

 

かぐらざかむら





 
 余りに余る屈強なラインから、村では  清楚系ゴリラ  の相性で今でも親しまれています。

 

 場に出されて処理できなければ、4000パンプされ続けてただひたすら殴られるのみ。まさにマグロ状態になり、そのままゲームエンドまでやられてしまいます。

 美夏で処理をしようとしても、後列に八木こと疑似アンコール効果が居座っている可能性が高いため、何も意味をなさずにそのままゲームを進められてしまうこともしばしば。


 これだけではなく、L3になれば かぼちゃ こと 〈おばけ南瓜〉と
 Fateに登場していれば、間違いなく ”この世全ての悪(アンリマユ)”として登場しているであろう 逆圧縮お姉ちゃんが登場し、詰め性能も間違いなし。


 〈おばけ南瓜〉は、登場時1点ヒールと 相手リバース時にコストを払うことで 4点バーンを飛ばせるおばけ性能。相手ターンでも行けます。しかも、レベル応援が絆を持っており、しかも2500パンプまでしてくる始末です。


 鬼に金棒 とはこういうことでしょうか。
 

 鬼に金棒


 RRRになるとこのイラストになることはあまりにも有名です。


 更に問題児なのが逆圧縮ちゃんでして
 こいつは、今までこっちが必至こいて稼いできたアドバンテージを、たった1コストで帳消しにしてくる害悪です。

 ぎゃくあっしゅく

 

 グーグルで 「逆圧縮」 と検索すると、賢そうなよくわからん式とヴァイスの画像とともに、一応出てきます。



 トリオの時にガールフレンドと対面し、こいつを出されると

すまぬ


 横の二人に謝らずにはいられません。死を悟るとはこのこと。






 こいつらが続々と出てくるガールフレンド

 ぽるなれh


 
 ぶん回りされるとこんな気分



 この様々なL3を駆使しながら相手を圧倒していく まさに王者といった立ち回りをするガールフレンドですが、デッキの問題点としてコストをわりと多めに使うという点があります。


 それを解決しながらパーツを集めるのが、島風系テキストである 


しっかり確保


 自称清純派である 心美ですね。

 この対応がストックブーストなので、コストを増やしながらパーツを集めることができます。



 そして、
 このリトルバスターズは このようなレッドブルを代表とする、「島風系テキストでノンコストでパーツを集め、ファッティを展開する」デッキを意識して組み上げています。



 オカ研こと 〈リトルバスターズ 理樹〉 の存在により相手より早上がりしやすく、高いラインを低コストで並べることができるので、青ガルには相性がいいです。

 
 そうすることにより、相手はコストを使ってパーツを集めることを強要させます。
 
 ガールフレンドは、島風系テキストのみでしかパーツを集めれないデッキではありません。
 コストを払うことにより、ある程度はパーツを集めることができます。
 それを強要させることで、トップに対して、勝ち筋を作っていくのです。



 あくまでも忘れてはならないのが、ガールフレンドは王者であり、リトルバスターズは挑戦者なのです。


 



デッキの変化点② 「帰ってきたパワーカード」



 よってこうなったリトルバスターズが どうやって集中以外でハンドアドバンテージを得ていくのかというと

 【8扉】 による手札管理の安定化と  

 〈忙しいかなた〉 によるメインでの控え回収 なわけです。


忙しいかなた


 
 前回の記事では、L0でのダークホース〈生真面目 佳奈多〉に枠を奪われていたパワーカードですが、今回は満を持して3投。 


 理由として、今回のコンセプトは 「島風系テキストを双子ラインでしばいていく」が含まれているため、邪魔なパーツをすべて排除しました。

 そうすると、〈夕焼け色の想い 鈴〉 によるL3などのフィニッシャー回収ができにくくなる ということと
 ラインを下げずに2枚好きなカードを加えることができる
 
 ということを重視し、このカードを投入しています。


 メインで2枚カードを触れる ということは、化物語を使用している皆さんは〈ツンデレ〉にてご実感頂いていると思います。


 
 運用の仕方としては
 ①ライン形成のため
 ②島風系テキストを助太刀にて弾いたあとに、再び助太刀を回収する
 ③フィニッシャー回収

 を適応適所でほぼ同時に行います。

 これを同時に行えるのがメイン2枚回収の強いところですが、このカードはL1から使用できるため、余計に強いです。

 普通のデッキなら、この手のカードはL2からの運用なので、事故ってしまえばL1からぼこぼこにされますが
 このカードがL1から使えることにより、数段相手よりも優位に立つことができます。


 その分、集中が指定ネームしか回収できないこのデッキにおいて、扉と〈忙しい佳奈多〉は好きなカードを回収できるため、扱い方は他のデッキよりも非常に難しく、数ターン先を見越した回収をする必要があります。


 取り扱い、注意。







デッキの変化点③ 「キチガイ  緊急参戦」



 みなさん、何気なくこのレシピを見たことだと思われますが


 ある異変に気づかれたでしょうか…


 
 レシピ1



 なんなんだこれは




 このカードこそが、僕を2015後期トリオで夢を見させてくれたカード・・・



こまりんりん

 



クリリン

 

 地球人最強の男も逃げ出す笑顔


 青ガルのゴリラには、こいつでしばいていきます。



 リトルバスターズには 美夏みたいな早出しメタはないですし(あるんですがコストがやばい)
 最近多く出回り始めた L3正面時にパワーが上がるキャラもいません。


 なので、基本的に出されたら倒せないのですが


 倒さなくていいのです。

 
 倒さなくても こちらのリスクを減らしながら相手をL3に上げれれば
 それはもう早出しキャラではないのです・・・

 
 
ばき


 
 考えを変える必要が あるのです。


 リトルバスターズは 強くない。 普通に戦っても ガールフレンドなどには勝てないのです。


 だからこそ

 L1では相手にストックを使わせる動きをさせ、
 圧縮が決まっていない山札に サイド3点をひたすら叩き込むのです。


 相手がCXを張ってこない限り、こっちは3点で、相手はフロントなので2点です。

 その分のアンコールコストを 8枚の扉と ストックと 忙しいかなたと 集中で稼ぎます。

 この瞬間のための今まで と思っていただいても構いません。


 
 4色の花として輝いている 〈さらば諭吉ぃっ!!〉 とも相性はいいです。

 サイドとしてただひたすら面に残る仕事をするので、諭吉が撃てる可能性は高くなります。


 
 L3の詰め段階になったとき、必要であればアンコールし、必要でなければ捨てましょう。

 最後まで残っていても、3点~4点を必ず言ってくれるので、さほど困りません。
 
 サイドアタックなので、相手の防御札を貫通できるところも魅力的ですね。

 

大変よくできました






 ということで、リトルバスターズ4C! 2015ed でした。



 またみなさん、何かの記事にてお会いしましょう
 


  


drecom_love7saber at 00:13│Comments(0)TrackBack(0)ヴァイスシュヴァルツ 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字